本文へジャンプ
  • 中央大学ボクシング部 部員集合写真
  • 練習風景1
  • 練習風景2
  • 練習風景3
  • 試合風景

部長・監督・OB会長 紹介タイトル

部長
斎藤 正武 顔写真

斎藤 正武

生年月日
昭和43年4月25日生まれ
経歴
長野県松本市生まれ。
私立城北埼玉高等学校を経て、青山学院大学理工学部経営システム工学科入学。青山学院大学大学院理工学研究科経営工学専攻博士後期課程満期退学。博士(工学)。
その後、青山学院大学理工学部助手を経て、中央大学商学部専任講師。現在、中央大学商学部教授。
ご挨拶
 OBの皆様、はじめまして。
商学部の斎藤正武と申します。前部長の中大職員柏木哲様より打診を受けまして、今期より部長を務めさせていただくことになりました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 さて、私事ではありますが、高校時代に少林寺拳法部に所属しており、ボクシング部長になって初めて道場に行かせていただいた時には、昔の辛い厳しかった練習を思い起こしました。全国大会に出場している高校のクラブでしたので、合宿では朝方まで試合の練習をする徹夜練習などもありましたが、その時の監督(恩師)は「楽しんでやれ!」と常々言っていたような気がします。

 先日、初めて団体戦を観戦し、ボクシング部の部員が楽しんで前向きにファイティングしているのを目の当たりにして、本当に清々しく気持ちよく感じた次第です。前向きに一生懸命練習していれば必ず結果はついてくると信じています。

 今期より厳しい入れ替え戦を勝ち抜き、一部昇格したと聞きました。監督、コーチ、先輩等のご支援ご協力あっての結果と思います。さらなる上を目指して、以前の中大ボクシング部の栄光を取り戻そうではありませんか。

 部長として、創部80年以上の歴史を持つボクシング部を微力ながら応援させていただきます。何卒、皆様よろしくお願いいたします。
OB会長
大輪 夏彦 顔写真

大輪 夏彦

生年月日
昭和30年7月31日生まれ
経歴
東京都世田谷区生まれ。
私立校成学園高等学校を経て、中央大学経済学部経済学科を昭和54年4月に卒業。
社歴:株式会社泰栄商工、森精工株式会社を経て現在、株式会社畑鐵工所にて営業職。
ご挨拶
 OBの皆様におかれましては、ますますご清栄の事とお喜び申し上げます。
 未だ、ご期待に沿える成果は出ておりませんが、小生を筆頭に執行役員と共に現役支援及びOBとの親睦に日々勤めさせて頂いております。OB各位には、OB会の更なる活発な活動を支えて頂く為、引き続きご支援ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
 さて、昨シーズンの第69回関東大学リーグ戦は、2部リーグからのスタートでしたが、結果、2部優勝の栄冠に輝きました。且つ、1部、2部の入れ替え戦に於いては、法政大学との激戦の末、7対2の内容で勝利致しました。監督並びにコーチ指導部と現役部員は、1部昇格に向け一丸となって精進した結果であります。
 今シーズンの第70回関東大学リーグ戦は、1部リーグからのスタートとなります。2部リーグとは異なり、生半可では勝たせてもらえないと推察します。気を引き締め、日々の練習に精進してもらい更なる努力を期待致します。
 OB一同も一丸となって最低でも1部リーグでの定着、願わくば、優勝に向けて応援して行きましょう。尚、今迄以上の多数のOBが応援に来て頂き、熱い声援を頂く事を期待致します。
 また、今後の1部リーグ定着並びに優勝に向け、現役部員並びに監督・コーチへの支援に対するに当たりOB各位には、引き続き、尚一層のOB会費及び支援金の納付のご協力を切にお願い申し上げます。
監督
樋口 伸二 顔写真

樋口 伸二

生年月日
昭和34年5月14日生まれ
経歴
熊本県阿蘇郡南小国町出身。
東海大学第二高等学校を経て、中央大学経済学部経済学科を昭和58年4月に卒業。
群馬県立板倉高校・太田東高校経て現在群馬県立伊勢崎工業高校に学校司書として勤務。
ご挨拶
 OB会の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。OB会・前監督の推挙により監督の任をお受けし1年になります。3月の合宿(3日間を3回)から本格的に指導を行って参りましたが、関東大学リーグ戦では、良い結果を出すことが出来ませんでした。すぐに結果が出るわけではないのですが、5戦中に9勝36敗と圧倒され、1部2部の入れ替え戦では、平成国際大に5対4で辛くも勝利し1部残留。苦い監督デビュー年となりOB会の皆様には、大変申し訳なく存じております。
 8月の福島インターハイで高校生の勧誘を、コーチの西條君と行いました。昨年まで中大へは生徒を送らないと言っていた県より、是非中大でお願いしたいと声がかかる一方で、上位の選手へ声をかけると、某大学へ行きますと断られます。経済的に援助をして貰える大学の人気は高く、どうしてもベスト8位以外の選手の勧誘となってしまいますが、その中にはこれからグーンと伸び、全日本を取れるような資質の選手もいると信じ、一生懸命に育てようと心がけております。『育てる中大』を合い言葉にコーチの池辺・松村・西條君と協力し精進致しますので、OB会の皆様には、引き続き暖かいご支援の程よろしくお願い申し上げます。

このページの上部へ