本文へジャンプ
  • 中央大学ボクシング部 部員集合写真
  • 練習風景1
  • 練習風景2
  • 練習風景3
  • 試合風景

部長・監督・OB会長 紹介タイトル

部長
斎藤 正武 顔写真

斎藤 正武

生年月日
昭和43年4月25日生まれ
経歴
長野県松本市生まれ。
私立城北埼玉高等学校を経て、青山学院大学理工学部経営システム工学科入学。青山学院大学大学院理工学研究科経営工学専攻博士後期課程満期退学。博士(工学)。
その後、青山学院大学理工学部助手を経て、中央大学商学部専任講師。現在、中央大学商学部教授。
ご挨拶
 OBの皆様、こんにちは。
部長を務めさせていただいている商学部の斎藤正武と申します。部長になり丸4年となりました。

2020年はコロナウイルス感染症という未曽有の事態に、部員や関係者にとって大変試練の年になりまして、忍耐の状況が続いております。中大のボクシング魂の灯を消すことなくアフターコロナに向けて、部員にはファイティングスピリッツを胸に精進してもらいたいと思っています。

 さて、私事ではありますが、高校時代に少林寺拳法部に所属しており、道場に行くとタイムスリップしたように、昔の辛い厳しかった練習を思い起こします。全国大会に出場している高校のクラブでしたので、合宿では朝方まで試合の練習をする徹夜練習などもありましたが、その時の監督(恩師)は「楽しんでやれ!」と常々言っていたような気がします。リーグ戦を観戦し、ボクシング部の部員が楽しんで前向きにファイティングしているのを目の当たりにして、本当に清々しく気持ちよく感じた次第です。前向きに一生懸命練習していれば必ず結果はついてくると信じています。

 コロナ禍でどの大学も混乱している状態が続いていますので、これを契機に、さらなる上を目指して、以前の中大ボクシング部の栄光を取り戻そうではありませんか。
 今のボクシング部があるのは、監督、コーチ、先輩等のご支援ご協力あっての結果と思います。私も部長として、創部80年以上の歴史を持つボクシング部を微力ながら応援させていただきます。

 引き続き、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
OB会長
荒井英夫 顔写真

荒井 英夫

生年月日
昭和33年12月20日生まれ
経歴
横浜市出身
横浜高等学校を経て、中央大学法学部政治学科を昭和56年卒業。
昭和58年東洋大学にて教職課程を学び教員免許取得
その後、衆議院議員粕谷しげる代議士の秘書をして政治・経済の勉強をする。平成2年に、株式会社 アルファ・ジャパンプロモーションを設立、現在に至る
また、平成20年から平成22年富士大学講師に、授業においてXbox360を使った日本で初の「eスポーツ・講義」を展開した。
ご挨拶
 春暖の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は中央大学ボクシング部OB会の運営にあたり、多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。昨年度は、「新型コロナウイルス」の影響に、スポーツ・勉学と思うように成らなかった事がたくさんあったと思います。しかし、今こそチャンスの到来です、常にポジティブに考え作戦を立てるのに良い時かと思います。この考える多き時期に頑張りましょう!NBAプロ・バスケットボール選手 マイケルジョ-ダンが残した言葉ですが「運命よ、そこをどけ。オレが通る」周りの人の目を気にすることなく、「絶対に 夢を叶える」という断固たる決意を持って臨んでほしいと思います。昨年は、下記①②は出来ませんでしたので、今年度はより一層力を入れたいと思います。また、③に関しては、中央大学ボクシング部後援会長を参議院議員の石井苗子先生に受けて頂きました。事務局長の高尾啓介OBと共にご尽力頂きます。

①【OB会の若返り】令和の新時代を迎え、平成世代のOB会員が全体の半数を占めるまでになっております。残念ながらこの若い世代のOBの姿がOB会で見られないのが現状でございます。積極的に若い世代の参画を促し、平成世代を常任理事に登用するなどして、OB会に新しい力を取り入れなければいけないと考えております。

②【現役強化】現役との連携を強め、より手厚くサポートする体制をとることで、強化を図りたいと考えております。

③【父母会・後援会の発足】本年より準備を進めたいと思っています。しかしながら、これらはOB・後援会の皆様のご支援・ご協力なくしては達成が叶いません。今後ともより一層のご支援・ご協力の程、重ねてお願い申し上げる次第です。

指導陣にも頑張っていただき、令和3年度には、ぜひ中大旋風を起こしてほしいと願っています。
最後になりますが、OB・後援会、ならびにご家族・保護者の皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
監督
樋口 伸二 顔写真

樋口 伸二

生年月日
昭和34年5月14日生まれ
経歴
熊本県阿蘇郡南小国町出身。
東海大学第二高等学校を経て、中央大学経済学部経済学科を昭和58年4月に卒業。
群馬県立板倉高校・太田東高校経て現在群馬県立伊勢崎工業高校に学校司書として勤務。
モスクワ五輪フェザー級代表
ご挨拶
  令和3年度に向けて
 中央大学ボクシング部OB会の皆様、現役学生に力強い応援・ご支援を頂き誠にありがとうございます。令和2年度、コロナ禍により全ての試合が中止となってしまい、四年生諸君は大学での集大成を飾ることが出来ませんでした。OB会の皆様方におかれましても、学生の奮闘を観戦できず、物悲しくもあったのではないかと思います。しかし、おかげさまで四年生七名全員が卒業致しました。試合が出来なかった分、勉学に勤しむことが出来たようです。卒業生には、次なるリングでのご活躍を祈念すると共に、OB会に加わり、後輩達の応援をして頂ける様お願い致します。

 さて、今年度の関東大学リーグ戦についてですが、各大学で準備が出来ておらず、5月からの開催に間に合わないということで、6月の2週目からの開催となる模様です。トーナメント方式の予定となっております。中央大学は、3月20日に新入生入寮許可が下り、新入部員六名を含み全部員が新南平寮(中央大学 学友会体育部南平第2寮)に集合し、三日間の校内合宿を2週続けて行い、今年度の体力作りに取りかかりました。主将の田中湧也(バンタム級/法学部/博多高校)を中心に4年生5名・3年生5名・2年生7名・1年生6名の計23名で挑みます。

 指導スタッフは、監督:樋口伸二(S57年卒)、チーフコーチ:西條貴陽(H27年卒)、サブコーチ:池辺俊彦(S61年卒)・松村光洋(S63年卒)の四名です。西條コーチは、全日本の強化委員となり、オリンピック日本代表合宿に参加して、その強化練習を参考に、中大の練習にも取り入れて、日々の練習を計画実行しております。しかし、若い西條コーチにばかり重責を押しつける訳にもいきませんので、スタッフミーティングを行い、中央大学ボクシング部にとってより良い練習計画を構築していき、選手の力を伸ばし、良い方向へ育てていけるように考えております。

 OB会の皆様には、コロナ禍の折、呉々もご自愛頂き、今後も引き続き応援・ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

このページの上部へ